[Photoshop]便利なクリッピングマスク

photoshpのマスクは色々種類があり、
それぞれ利点があるため、使い分けするのですが、
よく使うマスクの一つ「クリッピングマスク」をご紹介。

この様な画像が他のマスクより比較的簡単にできます。

1)切り抜きたい形(A:テキストやボタン)を準備。
ボタンには「レイヤー効果」で「境界線(内側)/グラデーションオーバーレイ」をかけてます。

2)それぞれに切り抜く画像(B:テクスチャー)を用意し、切り抜きたい形のレイヤー(A)の上に配置。

切り抜きたい形のレイヤー(A)とテクスチャーレイヤー(B)の間にカーソルを合わせてoptionを押すと、白黒の丸が重なった形となるので、ここでクリック。

3)テクスチャーレイヤー(B)が1段インデントされ、入れ子状態に。これでクリッピングマスク完了。

ベースとなるレイヤー(A)にかけられている「レイヤー効果(境界線(内側)/グラデーションオーバーレイ)」が、重なった画像(B:テクスチャー)にも反映されます。

上記の通りクリッピングマスクは、
ベースとなるレイヤー(インデントされていない1番下のレイヤー)の形に全て切り抜かれます。
そのため複雑な形や、ベースとなる画像の変更が多そうな場合は便利だと思います。

よく使うのは、写真レイアウトの時ですね。
写真などでは、よく囲み(レイヤー効果の「境界線(内側)」)を使うので。

これだと、上に重なる画像に線幅分小さくマスクを設定する(境界線を表示させる為)必要がないので、修正にも迅速、らくちんに対応できます。

また調整レイヤーもクリッピングマスクにできるので、
それぞれ個々の写真に対しての色調補正ができるのも便利だと思います。

ただし、グラデーション等の効果もかかってしまうため、使い分けが必要なので、いろいろ試してみてください。

[illustrator]レイヤー構造をそのままコピー

illustratorで画像つくるとき、細かくレイヤーを分けて作る人は多いと思います。
その画像をコピーペーストすると、一つのレイヤーにまとめられてしまい、後で編集が難しくなる事がありますが、
そのままのレイヤー構造で別のドキュメントにコピーする方法があります。

1)レイヤーウィンドウ上部、薄いグレー部分右端にあるマークをクリックし、開いたウィンドウ下の方にある「コピー元のレイヤーにペースト」にチェックをいれる。

2)コピーしたいオブジェクトを選択し

3)コピー先にペースト。レイヤー構造そのままコピーされました。

【注意】
厳密には、「同じレイヤー名のレイヤーにコピーされる」ため、コピー先に同じレイヤー名があると、そこにコピーされてしまいます。無ければ、コピー元のレイヤー名が作られます。

[illustrator]オブジェクトを別レイヤーにらくちん移動

カット+ペーストで、オブジェクトは移動できるのですが、それ以外の方法。
初めて知った時、ちょっとビックリしたのでご紹介。

レイヤーウィンドウ内で、オブジェクトの移動を行います。

1)移動したいオブジェクトを選択すると、レイヤーの右側にカラーチップが表示されます。
それが、オブジェクトを選択している印。

2)そのカラーチップをマウスでぐいっとつかんで、移動したいレイヤーの行まで持って行くと、

3)移動完了。らくちん!
イラストレータでは、一つのレイヤーでもパワーポイントの様にオブジェクトの前後関係が存在します。
移動したオブジェクトは、移動先レイヤーの最前面に配置されます。

ちなみに、optionを押しながら同じく移動させると、オブジェクトが移動先レイヤーにコピーされますよ。

[illustrator]同じ場所にオブジェクトをコピー

同じレイヤー内で普通にコピー(コマンド ⌘ +C)ペースト(コマンド ⌘ +V)すると、
コピーしたオブジェクトが同じ位置にコピーされないことがあります。

これは、illustratorの場合、「開いているウインドウサイズの中心」に
コピーしたオブジェクトが配置される為です。
(photoshopの場合は、ファイルの中心、もしくは選択範囲の中心のようです。)

これを、全く同じ場所にコピーペーストする方法がillustratorにはあります。

その前に、photoshopとの違いについて。

illustratorはphotoshopと異なり、
一つのレイヤーにオブジェクトの「前後」が存在します。
(パワーポイントの前面、背面と同じ感じ。)

そのため、コピーする場合は、
前面か背面か、どちらにコピーするのか決めてコピーします。

 コピー元画像の「前面」へコピー 「コマンド ⌘ +F(FrontのF)」
 コピー元画像の「背面」へコピー 「コマンド ⌘ +B(BackのB)」

よく使うのは、
テキストなどに縁取り(枠線)をつけたいな〜って時です。

背面にコピー(⌘ +B)して、コピーしたテキストの「塗り」を「線」にし、
色と太さを調整すれば、
illustratorでも簡単にテキストの縁取りができます。

(余談ですが、テキストの縁取りするときは、縁取りの角が丸くなる「ラウンド結合」が好きです。)

[Photoshop]レイヤー効果の注意点(包括光源)

ドロップシャドウに代表されるような、
レイヤー効果に「包括光源を使用」のチェックがある効果は、
使用する人のphotoshop設定に依存するため、チェックを外す事をおすすめします。


「包括光源」とは光の発生場所、つまり太陽の位置みたいなもの。
人によっては朝日の人もいれば、夕日の人もいる。

複数の人でファイルをやり取りする場合は、相手も同じ環境とは限らないため、相手の環境に依存する設定は取り除いておく方が安心です。

[Photoshop/illustrator]タイトルバーが隠れたら

photoshopで制作していると、
開いている画像のタイトルバー部分が、photoshopの上部メニューバー下に隠れてしまい、
つかめないためウィンドウが移動できなくなる事があります。

そんな時は、
一端、デスクトップをクリック。

すると、photoshopのメニューが消えて、画像タイトルバーが表示されるので、
すかさずマウスでつかんで、ぐぐっと下の方にずらせば、脱出成功。

illustratorでも同じです。

[Photoshop]レイヤーの複製方法いろいろ

日々制作していく中で、知ってて楽できたなーっていう方法をアップしていこうと思います。
よろしくお願いします。
※環境はMacです。Photoshopやillustratorのバージョンによっては操作方法など異なる場合があるかもしれません。

まずは、レイヤーの複製方法いろいろです。

■オブジェクトを全く同じ場所に複製したい場合
方法その1
ショートカット「コマンド+J」

方法その2
レイヤーウィンドウ下の「新規レイヤーを作成」にコピーしたいレイヤーをドラック

方法その3

レイヤーウィンドウ内で、optionを押しながらコピーしたいレイヤーをドラック

■別の位置に複製する場合

1)複製したいレイヤーを選択

2)移動ツール(v)のままで「option」ボタンを押すと、いつもの矢印が白と黒の矢印が重なった画像に変わるので、

変わった状態のまま、その画像をドラッグすると、レイヤーが複製される。

Macの場合、optionボタンを押しながら何かすると、たいていいろんな隠しコマンド的な動きができてたのしい。

お知らせ2

関係者のみなさま

余震がなかなか収まらず、ビル自体が非常に揺れ、
その都度10Fから1Fまで階段で駆け下りる、という無駄なことを繰り返しております。

そこで本日以降しばらくの間、安全面、効率面、節電面を鑑みて、
スタッフは自宅待機&業務とすることにしました。
殆どの方とはメールと携帯で連絡がつくようになっていると思います。
ご不便をお掛けいたしますが、ご理解の程、宜しくお願いいたします。

お知らせ

この度の東北地方太平洋沖大震災につきまして、被災者の皆様に心からお見舞い申し上げます。

千葉市内にオフィスを構える弊社では、地震直後は事務所内がひどい状態ではございましたが、スタッフの尽力により本日から業務が行える状態になっております。また、幸いスタッフは全員怪我なく無事でございます。

しかしながら、計画停電の範囲内でありますゆえ、今後の電力の需給状況次第で一時的に業務が行えなくなる可能性が多分にございます。

未だ余震が絶えず、このような状況でありますので、関係各社の皆様にはご不便をお掛けいたしますが、何卒ご理解の程宜しくお願い申し上げます。

株式会社ComD 代表取締役 荒本 潤一