[Photoshop]登録パターンの元画像を取得

Photoshopで登録されているパターンの、登録した際の元画像を取得する方法をご紹介します。

【手順】
1)登録されているパターン一覧を表示させます。

■表示方法 その1:レイヤースタイルウィンドウ

レイヤー上で「ダブルクリック」もしくは「右クリック/レイヤー効果」でレイヤースタイルウィンドウを表示し「パターンオーバーレイ」を選択、パターン横の▼をクリックする

■表示方法 その2:プリセットマネージャー

上部メニューから「編集/プリセットマネージャー」をクリックし、プリセットの種類から「パターン」を選択する


2)登録されているパターンの一つにマウスを当てると、パターンの登録名とサイズが表示されます。
このサイズでパターンは登録されています。

今回は格子縞(64×57ピクセル RGBモード)の元画像を取得します。

表示された数値と同じサイズとモード(64×57ピクセル RGBモード)の新規ファイルを作成します。

(画面は「表示方法その1」の手順で一覧を表示した図)

3)新規ファイルの「背景」レイヤーをダブルクリックして「レイヤー0」に変更し、レイヤー効果が掛かるレイヤーにします。

4)「レイヤー0」に「レイヤー効果/パターンオーバーレイ」を掛けていきます。
「レイヤー0」を「ダブルクリック」もしくは「右クリック/レイヤー効果」から、レイヤースタイルウィンドウを表示します。

5)「パターンオーバーレイ」から、抽出したいパターン効果(格子縞)を選択します。

できあがった画像が、格子縞を登録した際の元画像になります。

自分でパターンを作る際の参考に、またはWeb等でタイリングさせる際の元画像を作る時に、役立つのではないでしょうか。

ちなみにillustratorでは、「スウォッチ」パレットからパターンを画面にドラッグすれば簡単に取得、加工できて便利ですよ。(関連記事:【illustrator】汎用的パターンの作り方と簡単登録

[Photoshop]写真からシームレスなパターンを作る

フィルターのスクロールという機能を使って、写真からシームレスなパターンを作る方法をご紹介します。

【手順】
1)適当なサイズのpsdを新規作成します。今回は300×300で用意しました。

2)パターンにしたい写真をコピーペーストし、好きな模様の出具合に調整します。

3)コマンド ⌘+Aで全画面選択し、上部メニュー「イメージ/切り抜き」で、表示範囲からはみ出している写真の余分な部分を削除し、画像を画面のサイズ(300×300)にします。
(これを実行しないと、次のステップが上手くいきません。)

4)上部メニュー「フィルター/その他/スクロール」を選択します。

水平方向、垂直方向それぞれに画面の半分の数値(今回は300pxの半分150px)を入力、「ラップアラウンド(巻き戻す)」にチェックが入っているのを確認し、OKを押します。

ラップアラウンドとは、水平・垂直に入力した数値分、写真が移動した事で画面から押し出された部分が、反対側から表示される仕組みです。
(他の「透明に設定する」「端のピクセルを繰り返して埋める」にチェックをいれてみると、違いがよくわかります)
手順3で、画面サイズに画像を切り抜きしていないと、画面におさまっていない部分の写真が表示されてくるため、シームレスなつなぎ目ができません。

これで、左右上下のつなぎ目が中央に十字に表示されました。
 

5)スタンプツールを使って、つなぎ目を目立たなくします。


6)再度「フィルター/その他/スクロール」を実行し、つなぎ目が見えないか確認します。
完全につなぎ目がわからなくなるよう、何度か繰り返す事もあります。
 

7)画像は必要であれば色調補正してください。(今回は暗いので明るく、鮮やかにしました)。
コマンド ⌘+Aで全画面選択し、上部メニュー「編集/パターンを定義」を選択します。

パターン名を入力し、「OK」をクリック。
これでパターンが登録されました。

8)レイヤー効果「レイヤースタイル/パターンオーバーレイ」でパターンを選択すると、一番最後に今回作ったパターンが追加されているのを確認出来ます。

写真からパターンを作る場合は、細かい模様の方が簡単だと思います。(つなぎ目がごまかせるので。)

illustratorでシームレスなパターンを作る方法はこちらからどうぞ。
(関連記事:【illustrator】シームレスのボーダーパターンを作る

NINES INTERNATIONAL

NINES INTERNATIONAL

「超」がつくほどのミニマルデザイン。
 
ユーザビリティ面よりも、様々なブランをを扱うセレクトショップとしての「ブランド」を意識付けつつ、それぞれのブランドイメージを邪魔しないように、という意識が見えます。
 
サイト上部右側の「ブランドから探す」をクリックすると現れる小窓は、リモコンのように使えるので、意外と開いたままの方が便利な印象。年齢が上がれば上がるほど、情報の取得が厳しくなる点だけ改良してもらえないかな・・・?
 
NINES INTERNATIONALのサイトイメージ